• itokouba

機械編みのショール


夏に麻のショールを編んで重宝したので今度は冬物

この糸は毛皮にも使われている「テン」が混紡してあるのでチクチクもせずカシミアの様に柔らかくて使い心地は満点!

ブラザーのパリエA使用

極細糸ですが、 

編み地ダイヤル5.0

いつもショールを編んだ時、裾の始末をどうしようと悩みます。

今回は3目を編みながら伏せていくという編み方

収まりがいいからチュニックやセーターなどもこんな風に仕上げてもいいかなって思いました!

これは、この前の教室で久しぶりに編機を使った生徒さんの機械

アームの刷毛に糸が絡まってトラブル発生してました。

しまう時に掃除を怠っていたと反省して、

今回はしっかりと掃除機を使ってお掃除、針の隙間から毛ぼこりが沢山出てきました😱

後は油をさして終了です。


90回の閲覧0件のコメント